プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流星の絆 東野圭吾

2008年にドラマ化されたミステリーです。

有明功一、泰輔、静奈の三兄弟はペルセウス座流星群を見るため夜中に両親の目を盗んでこっそり家を抜け出す。
結局悪天候で1つも流星を見ることができず、眠ってしまった静奈を連れた功一と泰輔が見たものは、家の1階で両親がやっている洋食屋「アリアケ」の奥で惨殺されている両親の死体だった。

事件の夜、家から出てくる不審な男を垣間見たという泰輔の証言以外犯人に結びつく手がかりがないまま14年が経ち、刑事萩村、柏原達の捜査も実を結ばず時効が目前となる。
その後3兄弟は児童擁護施設を出た後、ふとしたきっかけから詐欺グループを結成し、功一の頭脳、泰輔の演技力そして静奈の美貌を巧みに組み合わせて次々と詐欺を成功させていた。

そして、これが最後のターゲットと3人が狙った戸神行成はレストランチェーン「とがみ亭」の御曹司だった。
行成と首尾よく接触した静奈をピックアップするために車で待機していた泰輔が見たものは、行成と話しながら現れた行成の父でとがみ亭の社長戸神政行であり、それは14年前に見た男であった。

果たして政行は両親を殺した犯人なのか、両親と政行の接点は何か、警察の捜査を政行に向けるべく功一達は戦略を練る。

やはり東野圭吾のサスペンスものは読ませます。文庫にしてかなり分厚いページ数ですが、どんどん読めます。
両親を殺した犯人を追う3兄弟のキャラクターが良くて、犯人の息子であり罠を仕掛ける相手である行成に惹かれてしまう静奈もあり、あいかわらず様々な複線がクライマックスに向けて見事に一本につながっていくストーリー展開はさすがですね。

恋愛  ★★★★
スリル ★★★★★
感動  ★★★★
総合  ★★★★★


THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

棘の街 堂場瞬一

某県の県警捜査1課の刑事上條元(はじめ)は上司の制止も聞かず、1年前に発生し未解決の誘拐殺人事件の捜査本部に舞い戻った。

事件は、上條の故郷でもある北嶺で起こった。高校2年の上杉光良が予備校からの帰りに行方不明となり一人親の母親朋絵に身代金を要求する電話がかかる。身代金受け渡しの公園で上條が大きなミスを犯し犯人は姿を見せず光良も行方不明のままであった。
そして、2ヶ月前偶然地中から光良の遺体が発見される。
光良の母の朋絵は高校の先輩で当時、上條とは関係があった。

優秀だが一匹狼の上條は同僚や上司と対立しながら、かつて上條の父親が経営していた喫茶店「オープン・オールナイト」を引き継いだ萩原、同級生で医師の関谷、同じく同級生でヤクザ組長の小野里の協力を得て、単独で捜査を始める。
そんな時、「オープン・オールナイト」の前でひとりの少年が袋叩きに合う。保護したその少年が計らずも事件に結びついていくことになる。

孤独な人間であり刑事である上條が、次第に事件の真相へと進む様子は正にハードボイルドです。
ただ、警察組織との対立があからさまですべての会話に険があるあたりや事件の手がかりとなる少年やその仲間が不意に上條の前に現れる「偶然」にリアリティがないかなと感じましたね。

ただ、それなりのボリュームの作品ですが一気に読めてしまえます。

恋愛  ★★★
スリル ★★★★
感動  ★
総合  ★★


THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

日本沈没(上)(下) 小松左京

今年3月11日に起きた東日本大震災に関するいろいろなニュースを読んでいるうちにふと、この作品を読んでみようと思い立ちました。

海洋開発KKに勤める小野寺俊夫は、潜水艇の操縦士。小笠原諸島に連なる島が突如沈んだ調査のため、大学の田所教授らと共に日本海溝に潜る。そしてそこで海底を走る不気味ないくつもの幅ひろい溝(トレンチ)を発見する。

その後、日本の各地で大きな地震や津波が頻発し多くの被害が発生する。
田所博士は政府から極秘の依頼で日本中から優秀な人材を集め小野寺を含む研究チームを結成し「D計画」と呼ばれる調査研究を進める。

そして博士は現人類が経験したことがない未曾有の地震、津波、火山の噴火といった災害が日本各地で発生し、その後日本列島は海中に沈むことを予言する。

2011年7月現在でも、3月の地震以来いまだに小規模な地震が日本のあちこちで起こっている今、この作品は非常に不気味です。
人的な被害にはあえて淡々と触れながら、まるで地震の研究に基づく仮説のように「日本沈没」へ向けてものがたりが進行します。

今回の津波が予測をはるかに超えていたように、人間が災害を予知し抵抗しようというのは、とんだ思い上がりなのかもしれません。

恋愛  ★★★
スリル ★★★★★
感動  ★★★
総合  ★★★★


THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

向日葵の咲かない夏 道尾秀介

ジャンルとしては、ホラーサスペンスでしょうか。 

小学4年生のミチオの同級生S君が1学期の終業式の日に学校を休んだため、ミチオは先生に頼まれてS君の家に行く。
しかし、ひとけのないS君の家の中からは「きい、きいい」という奇妙な音が聞こえてきた。気になってあがりこんだミチオが眼にしたものは、天井からロープでぶら下がり向日葵が咲く庭を向いて揺れているS君の死体だった。

恐怖の中、急いで学校に戻り担任の岩村先生に見たことを伝えると、すぐに岩村先生はS君の家に向かう。
しかし、S君のからだは消えていた。
自殺なのか他殺なのか、S君のからだはどこに行ってしまったのか。

警察の捜査とは別に、ミチオは妹のミカと共に真相を調べ始める。

独特の世界観で、まったく読んだこともないような小説です。
全体を流れる暗い雰囲気と狂気の世界感、次々と読者を驚かせる仕組み、そしてなによりクライマックスへの圧倒的な展開。

読後感はいい意味で(?)最悪です。

この作者の頭の中はいったいどうなっているんでしょうか。
タイトルどおり、夏に読むのに最適な作品といえるでしょうね。ある意味。

恋愛  ★
スリル ★★★★★
感動  ★★★
総合  ★★★


THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

ルームメイト 今邑彩

荻尾晴海(おぎおはるみ)は東京での大学入学に備えてアパートを探しているときに、同じくアパートを探していた西村麗子に声をかけられ、部屋をシェアすることになる。
京都弁を話す麗子は、一緒に暮らしだすと当初のまじめな印象から荒んだ印象へと次第に変わっていった。
そしてしばらく後、麗子は失踪してしまう。

困った晴海は手始めに麗子の京都の実家に電話する。
すると、電話に出た麗子はまったくの別人であった。
混乱する晴海は、さらに麗子の部屋の電話からリダイアルで最後に麗子がかけたと思われる電話番号に電話する。
電話に出たのは松下と名乗る若い男で、男の内縁の妻ユキも最近失踪したということだった。
晴海に会った松下が持参したユキの写真は、雰囲気は違うが麗子に良く似た女性だった。

ますます混乱する晴海は大学の先輩、謙介に相談し謙介と共に、麗子を捜すことに決める。
京都に向かった二人は「西村麗子」に会い松下から預かった麗子の写真を見せる。
その写真を見た「西村麗子」は、この女性は自分の母、だと告げる。

予想外の事実が次々と明らかになり、先の読めない展開が続きます。
そして、最後には驚くべき事実が明らかになり、またそれさえも更に事実の表層であるというトリッキーな作品です。

こういった読者の予想を意外な事実で裏切るサスペンスはもうひとつのジャンルですね。その中でも「ルームメイト」はとてもよく構成された面白い作品だと思います。

恋愛  ★
スリル ★★★★★
感動  ★★★★
総合  ★★★★★


THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

美しい隣人 花井良智

東京の郊外に他の家と離れて建つ2軒家。その一方に住む矢野絵里子は単身赴任で大阪に住む慎二と幼稚園児の一人息子駿と3人家族。
最近空き家になった隣家に、マイヤー沙希という女性が引っ越してくる。
美しく非常に感じの良い沙希は、アメリカ人の夫が現在アメリカにいて当分は一人暮らしだということだった。

絵里子の一人息子の駿は、1年前に行方不明になり警察に保護されたが、ちょうど同じ日に近くの公園の池で同じ歳の男の子が溺れて亡くなった事故があり、それ以来絵里子は神経質になっていた。

急速に沙希と仲良くなる絵里子だったが、少しずつ身の回りにおかしなことが起こりだす。
不安に駆られる絵里子は、その原因が絵里子にあるのではないかと疑いだす。

最近TVで仲間由紀恵と壇れいが主演した同名のドラマが小説化された作品です。
サスペンスタッチで、沙希の素性や目的が謎なまま、さまざまなことが起こっていき、クライマックスに突き進みます。

テレビは見ていなかったのですが、面白そうだったので書店で見つけた小説のほうを読んでみました。
ストーリーは面白かったのですが、やはり深みが足りないかなという印象とクライマックスの満足感から総合は★3つにしました。

恋愛  ★★★★★
スリル ★★★★★
感動  ★★★
総合  ★★★



THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

とせい 今野敏

日村誠司は、阿岐本組の代貸つまりナンバーツー。阿岐本組は、阿岐本雄蔵組長と日村ほか4人の組員からなるやくざ。

組長(オヤジ)は、地域の人々に信頼され揉め事などの相談を受けて解決する昔ながらのいっぽん筋の通ったやくざであり、日村はオヤジに絶対の信頼を寄せている。

ある日、日村はオヤジから、兄弟の盃を交わした広域暴力団の永神組長から債権がらみで手に入れた出版社「梅之木書房」の処理に困っている、と相談されていると聞かされる。そして明日から自分がその傾きかけた出版社の社長になり、日村に役員になれと言われる。

出版などまったくの素人のオヤジだが、男性向け週刊誌、女性誌や小説のそれぞれの担当者にヤクザならではのアイデアを出し、梅之木書房はにわかに活気付く。

その裏では、日村が様々な問題に直面し身を挺してオヤジのために奔走する。

人情味あふれるヤクザがつぶれかけの出版社の社長になるという、ミスマッチがとても面白い作品です。
組長のため、日村がほかの組員たちと協力して次々に起こる問題を解決していく面白さと、組長の人柄にほれ込んでしまいます。

全体に軽い感じで読みやすいですね。

恋愛  ★★
スリル ★★★★
感動  ★★★★★
総合  ★★★★★

THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

13階段 高野和明

樹原亮は、死刑囚、32歳。10年前千葉県中湊郡の保護司夫婦殺害の犯人として現場近くで逮捕された。事件直後の時間帯に現場近くの路上でバイク事故を起こして倒れていたところを救助したのは、偶然にも保護司を訪れる途中の保護司の息子夫妻だった。
逮捕された樹原は事故のショックで事件事故前後の記憶をなくし、無実を晴らすことができないまま、日々死刑執行を恐れて獄中で過ごしていた。

三上純一は、26歳の時に居酒屋でのけんかで誤って相手を突き飛ばした際に、相手が頭を打ち死んでしまう。
2年間の服役後、仮釈放された純一は、小さな町工場を営む両親が自分が死なせた相手の親に7千万もの損害賠償金を払い続けていることを知る。

そんな純一の元に、刑務所時代の刑務官であった南郷が訪れ、樹原亮の冤罪を晴らすための調査を手伝わないかと誘う。
冤罪が晴れた際にはある人物から弁護士を通じて成功報酬が1千万支払われるという。

手がかりは、樹原が思い出した記憶の断片「階段」のある場所だけ。
死刑執行までのタイムリミットは3ヶ月。

純一の更正を信じる南郷と、事件発生現場の中湊郡での自分自身の過去を背負いつつ、損害賠償金の一部を手に入れたい純一の調査は、次々に新たな事実に突き当たり事態は大きく展開していく。

文句なしに、一級のミステリ作品です。第47回の江戸川乱歩賞受賞作でかなりのベストセラーになったようなので、読まれた方も多いでしょうね。
私も再読だったのですが、すっかり内容は忘れていました。
だから今回もはらはらしながら最後まで一気に読むことができて、なんだか得した気分でした。

タイムリミットがあり、複線がたくさんあって最後にすべての線がすーっと1本につながっていくストーリー展開は見事です。

面白いミステリ作品をお探しで、まだこの作品を読んでいない方はぜひ!

恋愛  ★★★
スリル ★★★★★
感動  ★★★★★
総合  ★★★★★

THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

黒い太陽(上)(下) 新堂冬樹

立花篤は、キャバクラ「ミントキャンディ」の黒服。勝気でまっすぐな性格の立花は、病気で意識もなく入院中の父真一の入院費を稼ぐために高校を中退し、止む無く夜の仕事をしていた。

立花がミントキャンディ入店2週間目の日、No.1キャストで立花がひそかにあこがれる千鶴にしつこく絡む客を立花は殴り倒してしまう。
くびを覚悟した立花だが、ミントキャンディの社長で風俗王と呼ばれる藤堂は逆に1週間の謹慎の後、ミントキャンディのホール長に昇進させると告げる。そして謹慎の1週間の間、立花に全顧客の好みを覚えさせ、あらゆる風俗を経験させる。

1週間後、先輩社員達の反感の中、頭角を現して立ち回る立花に、あこがれていた千鶴から冷たい言葉が浴びせされる。

キャバクラの裏舞台が立花を中心にリアルに描かれています。愛憎の末、藤堂への反発と千鶴への失恋をエネルギーにのし上がろうとする立花と彼に協力する人間、妨害する人間との駆け引きがとても面白くぐいぐい読める作品です。文庫本で上下巻ですが、あっという間でした。

恋愛  ★★★★★
スリル ★★★★★
感動  ★★★★
総合  ★★★★★

THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

カリスマ(上)(中)(下) 新堂冬樹

岡崎平八郎は、小学3年生。大柄で明るい平八郎はクラスの人気者だった。
しかし、彼の最愛の美しい母親佐代子が新興宗教に入信し、狂信的な信者となり生活は一変する。
やがて佐代子は平八郎の目前で、夫の体内に悪魔がいると叫び、夫を包丁で切り裂いて殺し、その場で自らも自殺する。
一人残された平八郎は、周囲から孤立する。

やがて、神(カリスマ)への復讐を誓った平八郎は成長し、自ら新興宗教「神の郷」の教祖神郷宝仙となった。
神郷は、教徒に自分をメシアと呼ばせ、巧みな洗脳ででたらめな教義を信じ込ませ教徒を増やし富を築く。
一方で自らは、信者に気づかれないよう贅沢な食事、酒、タバコを喰らい、気に入った女性教徒を食い物にしていた。

一方、新興宗教から洗脳された信者を取り戻すボランティア組織覚醒会は、これまで何人も神の郷から信者を救出することに成功していた。

ある日、一人の女性が神の郷の洗脳合宿に参加することになった。
彼女、城山麗子は、神郷の母、佐代子に生き写しであった。
一週間の合宿の後、麗子の洗脳に成功した神郷と覚醒会、麗子の夫で冴えない男城山の戦いが始まる。

新堂冬樹の小説は、黒い太陽や闇の貴族など、読み応えのある作品がありますが、この「カリスマ」はかなりグロテスクな表現や性的な表現があり、正直なところ読んでてきつい部分がたくさんあります。
しかし、ラストへ向けて下巻の初めからどんどん展開して読み応えがあります。
ラストは、どんでん返しもありなかなか面白いです。

恋愛  ★★
スリル ★★★ 
感動  ★★★
総合  ★★★

THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。