プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の0 百田尚樹

太平洋戦争、終戦の年、特攻により戦死した祖父宮部久蔵のことを調べたいと、ライターの姉から調査の依頼を受けた26歳の健太郎は、司法試験への挑戦を断念し行き場のない毎日を過ごしていた。

健太郎の祖母(宮部の未亡人)は健太郎の母を連れ、戦後今の健太郎たちの祖父と再婚していた。

祖父宮部の戦中を知る老人たちを訪ね歩くうち、健太郎は宮部の生き方を通して、戦争の悲惨さ理不尽さ、戦争に散った若者たちの悲しさを知ることになる。
宮部は、盲目的に国を愛し特攻隊員に志願して死んでいった若者ではなかった。老人の一人は宮部を「臆病者」と評していた。
宮部は、「死にたくない。必ず生きて妻とまだ顔を見ていない娘の元に帰る。」と言っていたにも関わらず、終戦の直前に特攻に散ったのだった。
しかし、宮部は人々の記憶に残る優秀なパイロットで素晴らしい人物だった。

ここ数年で読んだ小説の中でもっとも感動した小説でした。
決してよく知っていると言えない戦争や特攻のことがわかるし、学校では教わらない当時の人々の感情がよくわかります。

なぜ戦争が起こったのか、決して戦争を起こしてはならないと心から思いました。
終戦の夏、特に中学生や高校生、大学生、若い人たちに読んでほしい作品です。
感動できる小説、泣ける小説を探している人にはぜひ読んでほしい。

恋愛  ★★★★★
スリル ★★★★★
感動  ★★★★★
総合  ★★★★★

関連記事
スポンサーサイト
THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

またまた

お久し振りです 

たった今本作を読み終えて目を腫らしています

つい一気に読んでしまいました。 世の中には知っていた方がいい事と、知らなくてもいい事がありますね。 この特攻隊については日本人として知るべきだと感じました。

何十年か前にこんな事が平然と行われていたんだと・・・
それをどんな言葉で表現すればいいのか自分には解りません。

でもいい本に出会えた事だけは解りました (この言い方も失礼の様な気がします )

こんにちは

プチ裏さん

お久しぶりです。

永遠の0は本当にいい作品ですね。

たくさんの人に読んでもらいたい作品ですね。

今、私は同じ百田尚樹さんの「錨を上げよ」を読んでいます。
むちゃくちゃ長い作品で、恐らく作者の半自伝的小説では
ないかと思います。
はまるととても面白いです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。