プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火車 宮部みゆき

捜査中の事故で休職中の警視庁刑事、本間俊介のもとに、亡き妻の従兄の息子で銀行マンの和也が相談を持ちかける。急にいなくなってしまった婚約者関根彰子を探してほしいと。
失踪の直前に彰子名義のクレジットカードを作ろうとしたところ、過去に自己破産していたことがわかり、彰子に問い詰めたところ時間がほしいと言われそのままいなくなったということだった。

本間は自己破産を手がかりに彰子を探し始めるが、その調査のはじめの段階で思いもよらない事実に突き当たる。
そして彰子ともう一人の女性を探すことになる。

推理小説としてぴかいちに面白い作品です。
いわゆる「ネタばれ」になってしまうので、ほとんどストーリーの入り口部分しかご紹介できないのが悔しいですが、大きな謎から小さな謎までいくつもの謎がからまっていて、それが本間刑事の調査(捜査)によって丹念に解きほぐされていく感覚がとても気持ちいいですね。

恋愛  ★★
スリル ★★★★★
感動  ★★★★★
総合  ★★★★★

関連記事
スポンサーサイト
THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。