プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レキシントンの幽霊 村上春樹



1996年発行の6編の短編小説集です。

「レキシントンの幽霊」
冒頭、「これは数年前に実際に起こったことである。」と始まる奇妙なストーリーです。
「僕」がアメリカのマサチューセッツ州ケンブリッジに住んでいた時に友人の邸宅で1週間ほど留守番をして犬のお世話をすることになる。
そこで初日の深夜に起こった出来事についてが描かれます。
それは真実のできごとなのか。いったいなんなのか。

「緑色の獣」
一戸建ての自宅で夫の出勤を見送った後「私」は時間を持て余してじっと庭の椎の木を眺めていた。するとその木の根元の地面が盛り上がり全身緑色の鱗に覆われた気持ちの悪い風貌の獣が現れ、玄関から家に入ってきて「私」にプロポーズする。

「沈黙」
「僕」と大沢さんは空港のレストランで一緒に仕事で新潟へ向かうため雪で遅れている飛行機の出発時間を待っていた。
そして大沢さんが中学のころからずっとボクシングジムに通っているという話の流れで、これまで誰かをけんかで殴ったことがあるか、と訊ねる。
その問いに大沢さんはボクシングを習いたての頃に一度だけ殴ったことがあると話し始める。

「氷男」
「私」は友達と訪れたスキー場のホテルのロビーの片隅でずっと本を読んでいた「氷男」と出会い、結婚する。
友達によると、氷男は全身が氷でできているということだが、素性はよくわからない奇妙な存在だった。

「トニー滝谷」
戦前のプレイボーイ滝谷省三郎の息子としてトニー滝谷は精密でメカニカルな絵を描く人気のイラストレーターとなり、資産家となり恋に落ちる。やがて二人は結婚するが、彼女は病的は洋服好きであった。

「七番目の男」
ある夜、ある部屋で円座になって7人の人々が話す中、その七番目として話し出した50代半ばに見える男は、「その波が私を捉えようとしたのは、私が十歳の年の、九月の午後のことでした」と話し始めた。
それは大きな台風が町を襲い、そこで起こった恐ろしい出来事の話であった。

「めくらやなぎと、眠る女」
25歳の僕は久しぶりに帰省した実家で叔母に頼まれて耳が悪い14歳のいとこを連れて耳の診察を受ける病院へ出向く。
いとこの診察を待つ間、8年前に友だちと友だちの彼女を病院に見舞ったときのことを思い出す。
彼女は紙ナプキンの裏にめくらやなぎという想像上の木と家の中で眠る女の絵を描く。

どの作品も少しずつ奇妙な童話のようなストーリーです。
なんとも言えない独特な世界観です。

恋愛  ★★★
スリル  ★★★
感動  ★★★
総合  ★★★★
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。