プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプートニクの恋人 村上春樹


「パン屋再襲撃」に続いて、村上春樹の古い作品です。

この物語の主要な登場人物は、僕、僕の大学の同級生だった22歳のすみれ、そしてすみれが激しい恋に落ちた17歳年上のミュウの3人。

すみれは大学を中退し、小説家をめざして毎日文章を書き続ける「救いがたいロマンチストであり、頑迷でシニカルで、よく表現して世間知らず」な女の子だった。
そしてすみれが生まれて初めて恋した相手は、韓国人の父親の跡を継いでいくつかの事業をおこなっている魅力的な女性であった。
僕とすみれは互いになんでも話す唯一の友人でもあり、僕はすみれに恋していた。
すみれはいとこの結婚式の披露宴でミュウに出会い、ミュウの会社で働きだすことになる。僕は、それを機に次第に変化していくすみれから、ミュウへの気持ちを聞かされるたびにせつない悲しい気持ちになる。

僕がすみれの引っ越しを手伝った翌週、ミュウとすみれが仕事でヨーロッパにいることをイタリアからのすみれの長い手紙で知ることになる。そして。。。

「スプートニク」というのはソビエト(ロシア)が打ち上げた世界初の人工衛星の名前で、すみれはミュウとの会話から思いつき、心の中でミュウのことを「スプートニクの恋人」と呼んでいました。

この作品はずっと以前に読んだきりで、今回ひさしぶりに読みました。以前に読んだ時にはあまり感じなかったとてもせつない気持ちになり、やはり村上春樹の作品は好きだなと思いました。

物語の後半はここでは書きませんが、ある部分がとても今の自分の(悲しくて切ない)気持ちに響きました。

「人にはそれぞれ、あるとくべつな年代にしか手にすることのできないとくべつなものごとがある。それはささやかな炎のようなものだ。注意深く幸運な人はそれを大事に保ち、大きく育てて、たいまつとしてかざして生きていくことができる。
でもひとたび失われてしまえば、その炎はもう永遠に取り戻せない。」

その通りですね。

恋愛  ★★★
スリル  ★★★★
感動  ★★★★
総合  ★★★★★

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。