プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちが好きだったこと 宮本輝

この作品は、ブログをご覧いただいた方からメールで教えてもらった作品です。

北尾与志、31才は独身の照明デザイナー。ひやかし半分に応募した3LDKで賃貸の新築公団住宅の抽選に当選し、友人の昆虫専門の写真家「ロバ」と同居することになった。
引っ越した当日、六本木で飲んでいた二人は偶然同席した二人の27歳の女性、美容師の曜子と会社員の愛子と仲良くなる。
その6日後、ロバの引越し当日に曜子と愛子が自分たちの引越しの荷物をトラックに載せてやってくる。一緒に飲んだ日に同居の約束をしたと言うのだった。まったく記憶にない与志くんに、そのことは嘘だと白状する2人だったが、結局そのまま同居生活がスタートすることになった。

すぐに与志くんと愛子、ロバと曜子というカップルができ、夜はカップルごとの寝室で寝るという奇妙な同居生活だったが、愛子は不幸な生い立ちで、不安神経症という精神のやっかいな病気を抱えていた。一方の曜子の前にはかつての不倫相手の男が現れロバとその男の狭間で揺れ動く。

人の善い4人の男女がその善良さ故に苦しみながら、互いに愛する友人や恋人を支えあって生きていく様が描かれています。
理屈では割り切れない愛情や人のさががそれぞれの行ないを通して伝わってきます。

宮本輝の作品は、これまでもこのブログでいくつか取り上げましたが、個人的にはこの作品の世界観はとても好きですね。これこそが恋愛小説というものだと思います。

恋愛  ★★★★★
スリル ★★★★★
感動  ★★★★★
総合  ★★★★★

関連記事
スポンサーサイト
THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

お久しぶりです\(^o^)/

kumagoさん、お久しぶりです。
以前、コメントをさせて頂いておりました未季です。
携帯を変えて、しばらく訪問しておりませんでしたが、久々に拝見させて頂きました。
コンスタントに更新されているようで安心いたしました。
是非また、記事を参考にさせて頂こうと思います。

私は、最近は勉強などに手一杯であまり小説を読めていなかったのですが、
ここ一週間はかなり集中して読んでおります。

先週から今までに、
道尾秀介さん「カラスの親指」、「シャドウ」、
池井戸潤さん「空飛ぶタイヤ」を読みました。
全て素晴らしい作品でした。
「空飛ぶタイヤ」は私の読んだ小説の中で5本の指に入る程に(笑)
少し前には東野圭吾さんの「ダイイング・アイ」、柴田よしきさんの「激流」、百田尚樹さんの「ボックス!」も読みました。
この三作品もアタリでした(笑)

最近は、道尾秀介さんの小説をあさっています。
彼の「向日葵の咲かない夏」も面白かったです。

それでは、kumagoさんの記事、楽しみにしております。
また、コメントしますね。

No title

未季さん
コメントありがとうございます。
ほんとうに久しぶりですね。うれしいです。
学校生活も充実してそうですね。

私は、なかなかブログの更新できてないんですが、読むほうはコンスタントに読んでます。
宮本輝の「私たちが好きだったこと」はいいですよ。
未季さんのコメントも参考にさせてもらって読んでみます。またコメント楽しみに待ってますね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。