プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流星の絆 東野圭吾

2008年にドラマ化されたミステリーです。

有明功一、泰輔、静奈の三兄弟はペルセウス座流星群を見るため夜中に両親の目を盗んでこっそり家を抜け出す。
結局悪天候で1つも流星を見ることができず、眠ってしまった静奈を連れた功一と泰輔が見たものは、家の1階で両親がやっている洋食屋「アリアケ」の奥で惨殺されている両親の死体だった。

事件の夜、家から出てくる不審な男を垣間見たという泰輔の証言以外犯人に結びつく手がかりがないまま14年が経ち、刑事萩村、柏原達の捜査も実を結ばず時効が目前となる。
その後3兄弟は児童擁護施設を出た後、ふとしたきっかけから詐欺グループを結成し、功一の頭脳、泰輔の演技力そして静奈の美貌を巧みに組み合わせて次々と詐欺を成功させていた。

そして、これが最後のターゲットと3人が狙った戸神行成はレストランチェーン「とがみ亭」の御曹司だった。
行成と首尾よく接触した静奈をピックアップするために車で待機していた泰輔が見たものは、行成と話しながら現れた行成の父でとがみ亭の社長戸神政行であり、それは14年前に見た男であった。

果たして政行は両親を殺した犯人なのか、両親と政行の接点は何か、警察の捜査を政行に向けるべく功一達は戦略を練る。

やはり東野圭吾のサスペンスものは読ませます。文庫にしてかなり分厚いページ数ですが、どんどん読めます。
両親を殺した犯人を追う3兄弟のキャラクターが良くて、犯人の息子であり罠を仕掛ける相手である行成に惹かれてしまう静奈もあり、あいかわらず様々な複線がクライマックスに向けて見事に一本につながっていくストーリー展開はさすがですね。

恋愛  ★★★★
スリル ★★★★★
感動  ★★★★
総合  ★★★★★


関連記事
スポンサーサイト
THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

No title

はじめまして^^
私はドラマを見て、文庫を書い読んだんですが
原作にぴったりの配役でしたね。

行成に惹かれてしまう静奈ってかなり切ないです。
それでは。

Re: No title

そうさん

コメントありがとうございます。
kumagoです。

私はドラマ見てなくて読み始める前に家族から
「静奈はたしか上戸彩」ってがせネタを仕込まれたので
読み終わるまで上戸彩さんのイメージでした。。。

戸田恵梨香さんですよね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。