プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向日葵の咲かない夏 道尾秀介

ジャンルとしては、ホラーサスペンスでしょうか。 

小学4年生のミチオの同級生S君が1学期の終業式の日に学校を休んだため、ミチオは先生に頼まれてS君の家に行く。
しかし、ひとけのないS君の家の中からは「きい、きいい」という奇妙な音が聞こえてきた。気になってあがりこんだミチオが眼にしたものは、天井からロープでぶら下がり向日葵が咲く庭を向いて揺れているS君の死体だった。

恐怖の中、急いで学校に戻り担任の岩村先生に見たことを伝えると、すぐに岩村先生はS君の家に向かう。
しかし、S君のからだは消えていた。
自殺なのか他殺なのか、S君のからだはどこに行ってしまったのか。

警察の捜査とは別に、ミチオは妹のミカと共に真相を調べ始める。

独特の世界観で、まったく読んだこともないような小説です。
全体を流れる暗い雰囲気と狂気の世界感、次々と読者を驚かせる仕組み、そしてなによりクライマックスへの圧倒的な展開。

読後感はいい意味で(?)最悪です。

この作者の頭の中はいったいどうなっているんでしょうか。
タイトルどおり、夏に読むのに最適な作品といえるでしょうね。ある意味。

恋愛  ★
スリル ★★★★★
感動  ★★★
総合  ★★★


関連記事
スポンサーサイト
THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

No title

文章と本のタイトル、画像が違いますよ。
文章は「謎解きはディナーの後で」ですよね?

Re: No title

> 文章と本のタイトル、画像が違いますよ。
> 文章は「謎解きはディナーの後で」ですよね?

miminさん、ご指摘ありがとうございました。
いくつか読んだ本の記事をアップするために
過去の記事をコピーして準備しているのですが、
まちがってアップしてしまっていました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。