プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草にすわる 白石一文

「草にすわる」「砂の城」の中編2作

「草にすわる」
洪治は30歳。高校時代は陸上の長距離選手として優秀な成績を残していたが、中途で陸上をやめ、その後はマンション販売の大手企業に入社したが、その会社も3年でやめ、現在は実家に帰って怠惰な毎日を送っていた。
洪治には、週に一度、体だけの関係がずるずると続いている曜子さんという年上の女性がいた。曜子さんは、洪治の母がパートで勤めるスーパーマーケットの社員で、洪治の高校の先輩であり一橋を卒業した才女であった。
しかし、家族を火事で亡くすというつらい過去をひきずっていた。

ある日、曜子さんのアパートで、洪治は曜子さんから「ねぇ、死にましょう」と誘われる。

「砂の城」
矢田泰治は60歳過ぎ。数々の小説で賞を取ってきた文学者であった。
矢田が25歳の時に結婚した妻かほりは後に発狂し、現在は精神病院で暮らしている。かほりとの間の息子英治は父と母の不仲の結果矢田とは近親憎悪の関係、そして愛人星野喜久子との間には障害を持った愛美という娘がいた。

友人で同じ文学者で40年来の友人小宮麟太郎へのコンプレックス、自らの男性的魅力に欠けるというコンプレックスと女性関係を素に作品をつむぎだしてきた泰治の元に、ある事件で逮捕された息子英治の妻麻美が英治の息子(泰治の孫にあたる)孝治を伴って訪れる。

白石一文ならではの作品2編です。決して完全ではない人間たちの生き様や彼らの思考を通して、読者へ人間の本質を問いかけるような作品です。
中編で読みやすいので、白石一文の作品を初めて読んでみるにはいいかもしれません。



恋愛  ★★★★★
スリル ★★★★★
感動  ★★★★
総合  ★★★★★

関連記事
スポンサーサイト
THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

ご無沙汰してます

こんにちは。
ご無沙汰してます。

ずっと貫井徳郎さんの「空白の叫び」を読んでました。
昨日読み終えました!
上中下とあったので時間かかってしまいました。
とても面白かったです。
結構暗い話ですが、ドキドキしました。
少年犯罪を題材にした作品です。
三人の14歳の少年が主人公で、それぞれ殺人を犯し、そこから三人が絡み合っていきます。

上巻が人物描写、殺人にいたるまでの経緯
中巻が少年院生活
下巻が卒院後
となっています。


また気が向いたら読んでみて下さい。


今日から横山秀夫さんの「動機」を読みはじめました!
またコメントしますね。


では!

Re: ご無沙汰してます

未季さん

ごぶさたです。

相変わらず、よく読んでるようですね。

貫井徳郎さんの「空白の叫び」読んでみたくなりました。
最近は少し、サスペンスものは避けてますが。。。

今は、永遠の0の百田尚樹の「錨を上げよ」を読んでます。
むちゃくちゃ長い作品ですが、けっこうのめりこんでます。

またコメント楽しみにしています。

こんばんは

こんばんは
明けましておめでとうございます
を言い忘れてました

とびとびですが、
一応こつこつ読んでます
読書始めて2年目です
飽き性な私には奇跡です


是非「空白の叫び」読んでください
主人公の3人の少年のエピソードが
ほぼ順番に書かれているので、
飽きないです


もう今日か明日あたりに
「動機」読み終わります
なんていうか、
1つ1つの話の内容が薄い気がします
横山秀夫さんは大好きな作家さんなので
期待してましたが、ハズレかもしれません
読みやすいのは確かですが
物足りない気分です


百田尚樹さん、いいですね
「永遠の0」を超えるような作品を
読みたいです


買ったけど読んでない本が
たくさんあるので、
しばらく本には困らなさそうです(笑)
次は柳広司さんの「ダブル・ジョーカー」
読む予定です


またBLOGを始めようと思います
またエラーになるかもしれませんが、
一応載せておきます

http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=mikism0126&guid=ON

こんばんは


こんばんは
「動機」読み終えました
感想としては物足りないという感じです
でも、最後の『密室の人』はまだ、良かったかなと

横山秀夫さんの「第三の時効」と比べると
イマイチでした

kumagoさんもブログに載せてはりましたよね
横山秀夫さんの「陰の季節」と「影踏み」
もまだ読めてない本の中にあるので
期待したいと思います


では!

Re: こんばんは

未季さん

あけましておめでとうございます、
でしたね。

読書始めて2年目ですか。
完全にはまっているというペースですね。

私は中学生や高校生の頃は、夏目漱石、
芥川龍之介、山本有三といった教科書に
出てくるような人のものを一時期読んで、
その後、星新一、眉村卓あたりを読み、
赤川次郎にはまりました。
それからしばらく空いて、大学生の時に
村上春樹のノルウェイの森で衝撃を受けて
村上春樹ばかりを読み漁りました。
反動でそれ以外の作家のものが読めなくなって
ずっと空いてから、たぶん宮本輝でスイッチが
入ってそれ以来ずっといろいろなものを読んでます。

> 是非「空白の叫び」読んでください
> 主人公の3人の少年のエピソードが
> ほぼ順番に書かれているので、
> 飽きないです

ぜひ読んでみます。
とても面白そうですね。

横山秀夫は長編がいいですね。
短編だと物足りないと思います。

> 百田尚樹さん、いいですね
> 「永遠の0」を超えるような作品を
> 読みたいです

錨をあげよを今読んでます(とにかく長い!)が
私には面白いですね。
未季さんの年齢の女性にはどうかなと思いますが。

> またBLOGを始めようと思います
> またエラーになるかもしれませんが、
> 一応載せておきます
>
> http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=mikism0126&guid=ON

やっぱり私の携帯ではだめでした。。。

未季さんは京都人なんですね!
私も昔は京都に4年住みました。
大好きな街で、今でもしょっちゅう行っています。
年末は、久しぶりに清水寺・八坂神社・銀閣寺・曼珠院に行きました。

またダブルジョーカーの感想も教えてください。
コメント楽しみにしています!

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。