プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八日目の蝉 角田光代

2011年春、映画公開予定の原作です。

1985年2月、希和子はある住宅のドアノブに手をかけていた。
その住宅は希和子の不倫相手の自宅であり、不倫相手は妻の運転する車で出勤のために駅に向かったところだった。
希和子は、自宅に残された赤ん坊を一目見て、これを最後に別れる決意だった。
しかし、希和子は衝動的に赤ん坊を連れ出してしまい、そのまま長い逃亡生活が始まる。
友人の家に数日泊まった後、東京から名古屋に逃亡し、指名手配されるほぼ同時期に、世間から隔離された宗教団体に逃げ込む。
希和子は、赤ん坊を薫と名づけそのまま施設の中で3年近く過ごすことになる。自分たちの周りで希和子と薫が真の母子でないと知る人間が希和子以外いないという環境で、当然薫は希和子を母と慕い成長する。
やがて、宗教団体のいざこざから施設に警察が介入することとなり、またも希和子は施設から逃亡する。
希和子が向かった先は、瀬戸内海の島、小豆島であった。
豊かな自然の中、決して裕福とは言えない中、”親子”の愛情や周囲の暖かい大人たち、そして無邪気な子どもたちに囲まれて薫は幸せに暮らす。
しかし、ある時希和子が知らずに写った写真が新聞の賞に入選し、全国に知られることになる。

蝉は7年間地中で生き、成虫して地上に出て7日目で死んでしまう。
それは悲しいことなのだろうか。
他の蝉たちよりも1日長く生きる蝉がいたとしたら、それは悲しいことなのか、あるいは他の蝉たちが見ることが叶わなかった世界を見ることに喜びを見出せるのだろうか。

特異な状況の中で”親子”の愛情とは何か、”親子”とは何かを問いかける作品ではないかと思います。

映画のラストシーンは原作の小説とは違うようですね。
私はこの小説のラストシーンはすごく良かったと思います。

タイトルが、読んでみないとわからないのでなかなか手に取らなかった作品ですが、新聞の書評で絶賛されているのを見てすぐに買って読みました。よい作品だと思います。

恋愛  ★★★★
スリル ★★★★★
感動  ★★★★★
総合  ★★★★★

関連記事
THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。