プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果つる底なき 池井戸潤

二都銀行渋谷支店の銀行マン伊木の同期の坂本が、公園近くの駐車場で、営業車の中で死んでいるのが発見される。死因は蜂に刺されたことによるショック死だった。
後の調査で、坂本が客の口座から3000万円引き出していたことが判明する。
事件の朝、出掛ける前の坂本と話し、後から坂本が蜂の強いアレルギーがあることを知った伊木は、坂本が罠にはめられ殺されたと信じ、事件の真相を探る。

銀行を舞台にしたサスペンスものです。池井戸潤は、以前に紹介した「空飛ぶタイヤ」の作者で、本作も「空飛ぶタイヤ」と同様に銀行の独特の内面が描かれています。

「空飛ぶタイヤ」ほどの迫力はありませんが、次々に関係者が死んでいき、自分にも危険が迫る中で真相にせまる、迫力のある作品です。

恋愛  ★★
スリル ★★★★★
感動  ★★★
総合  ★★★★


関連記事
スポンサーサイト
THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。