プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺言 桶川ストーカー殺人事件の深層 清水潔

本書は、小説ではなく1999年10月26日に起きた「桶川ストーカー殺人事件」をを発生当初からずっと取材した著者のノンフィクションです。
著者は、「FOCUS」の記者で、実行犯を特定し警察に逮捕させただけではなく、様々な関係者への取材、張り込み調査を行い事件の深層である2つのこと、「ストーカー」、「警察のずさんな対応と隠蔽体質」を丁寧に本書にまとめています。

被害者の女性は一時期交際していた男に別れを切り出した後、執拗で恐ろしいストーカー行為を受けます。男はカネを使って10人以上の仲間を”動員”して様々なストーカー行為を行います。
命の危険を感じた被害者は、「私が殺されたら、犯人は小松」という遺言を親しい友人に残し、どのようなストーカー行為を受けたかを言い残して、突然殺されてしまいます。
被害者の女性は、命の危険を感じ出した頃から、録音テープなど様々な証拠を持って親と共に埼玉県警上尾署に訴えたにも関わらず、上尾署は女性を侮辱する言葉を投げかけ、何一つ行動を起こしませんでした。

警察は女性が殺されてしまった後も、警察組織の保身のために積極的な捜査を行いませんでした。

著者は、女性の友人や家族に丁寧に取材し事件の深層に何があったのかを探ります。

犯人は逮捕されますが、それはかつての交際相手小松ではなく、小松の兄から殺害を指示された仲間の一人でした。

裁判はまだ最終結審していないようですが、小松自身は事件後に自殺しており、警察は小松自身の事件の関与を未だ認めていません。

この本を読んで、ストーカー行為の末に殺害されてしまったという事件の悲惨さと共に、日本の警察の独善性に怒りを通り越して恐怖すら感じました。
もちろんすべての警察組織、警察官が本書に出てくるような人たちだとは思いたくないし、事件から10年以上も経った今、改善されていると思いたい。しかし、警察組織を外部から監視する組織が必要なのではないでしょうか。

サスペンス小説のように、胸のすくようなエンディングはありません。
しかし、読後これが現実の重さなのだと感じました。

恋愛  ★
スリル ★★★★★
感動  ★★
総合  ★★★★★

関連記事
THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。