プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも、私があなただったら 白石一文


2005年の冬のはじまりの頃、49歳の藤川啓吾は自らひとりで切り盛りする地元福岡のスコッチ・バー「ブランケット」の2階の住まいでようやく腰痛から開放されようとしていた。
6年前、東京の明治化成という東証一部上場企業で企業マンとして戦っていた啓吾は、会社の巨額の粉飾決算を知らず、会社再建のためロサンゼルスの企業に自社の部門売却の交渉をおこない、その失敗の責任を負い自ら辞職して福岡に戻ってきていたのだった。
そんな彼の元に突如、明治化成での同僚であり無二の親友であった神代の妻、美奈が現れる。美奈は6年前に啓吾が東京を離れる際に、一緒に連れて行ってほしいと迫ったひとだった。

作品の表題「もしも、私があなただったら」とは美奈が6年前に羽田で啓吾に言った「もしも、私があなただったら、こんな私のことを置いていったり絶対にしない」ということばの一部です。この作品では「もしも私があなただったら」というこうとは、「もしもあなたが私だったら」と考えることと同義だと言っています。少し難しいですが、男女に限らず人と人の結びつきのこのふたつがぴったりと重なることだということでしょう。そして結びつきというのは愛情であったり、時には真逆の憎しみであったりします。深い真理ですね。

この作品も、他の白石一文の作品と同じくとても美しい女性ばかりが登場します。そしてこの作品はとりわけ、性描写が過激で美しいですね。
登場人物も少なく読みやすくて深い作品だと思います。

恋愛  ★★★★★
スリル ★★★★
感動  ★★★★
総合  ★★★★★

関連記事
スポンサーサイト
THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。