プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイルド・ソウル 垣根涼介

 

かつて日本の棄民政策でブラジルの未開地に移り住み、日本政府への恨みを胸に貧困の中で死んでいった人々の子孫である男たちが、日本政府への復讐を果たすため日本へ潜入する。ヒロインとなる報道記者を巻き込んでストーリーは痛快に展開していく。

垣根涼介の作品はこれが初めてですが、とにかく面白い。超一級のサスペンス小説です。歴史背景などの調査と取材をかなり時間をかけてやったんだろうと感じさせます。
また文章力、ストーリー構成が圧倒的でどんどん読み進みます。
良い小説は、「早く最後まで読みたいけど終わってほしくない」と思わせるものだと思ってるんですが、正にこの小説はそんな作品のひとつです。電車で読んでいて、降りる駅を乗り過ごしました。それくらい面白いです。
ちなみに、垣根涼介の「ゆりかごで眠れ」も同じブラジル移民を題材にしていて、また切り口が違って、ワイルド・ソウル同様に面白い作品です。

恋愛  ★★★★★
スリル ★★★★★
感動  ★★★★★
総合  ★★★★★


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。