プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェイの森 村上春樹

 

1987年に発表された村上春樹の代表作です。
最近「1Q84」が発表されて発売前から増刷が決まり、それでも売り切れるという大変な現象ですね。

主な登場人物は、18歳の大学生はじめと直子、ミドリ。はじめは精神に問題を抱える直子に恋し、奔放でストレートなミドリという女の子にも次第にひかれていく。

私が個人的に、文学・小説に完全にはまることになった忘れることのできない作品です。もちろん、同じように感じている人は文字通り世界中にたくさんいるんでしょうね。

ストーリーの構成、文学性はもちろん、文体や比喩表現、ユーモア、そして性描写など初めて読んだときは何もかも新鮮でただ感動しました。それから何度も読み返しています。

村上春樹の作品は、長編短編ともすべて読んでいますが、ノルウェイの森と「国境の南、太陽の西」が恋愛小説として突出していると思います。
特に若い人が初めて村上ワールドに触れるのであれば、新作の「1Q84」の前にこの2冊を読んでみてはどうでしょうか。

恋愛  ★★★★★
スリル ★
感動  ★★★★★
総合  ★★★★★




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。