プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺言 桶川ストーカー殺人事件の深層 清水潔

本書は、小説ではなく1999年10月26日に起きた「桶川ストーカー殺人事件」をを発生当初からずっと取材した著者のノンフィクションです。
著者は、「FOCUS」の記者で、実行犯を特定し警察に逮捕させただけではなく、様々な関係者への取材、張り込み調査を行い事件の深層である2つのこと、「ストーカー」、「警察のずさんな対応と隠蔽体質」を丁寧に本書にまとめています。

被害者の女性は一時期交際していた男に別れを切り出した後、執拗で恐ろしいストーカー行為を受けます。男はカネを使って10人以上の仲間を”動員”して様々なストーカー行為を行います。
命の危険を感じた被害者は、「私が殺されたら、犯人は小松」という遺言を親しい友人に残し、どのようなストーカー行為を受けたかを言い残して、突然殺されてしまいます。
被害者の女性は、命の危険を感じ出した頃から、録音テープなど様々な証拠を持って親と共に埼玉県警上尾署に訴えたにも関わらず、上尾署は女性を侮辱する言葉を投げかけ、何一つ行動を起こしませんでした。

警察は女性が殺されてしまった後も、警察組織の保身のために積極的な捜査を行いませんでした。

著者は、女性の友人や家族に丁寧に取材し事件の深層に何があったのかを探ります。

犯人は逮捕されますが、それはかつての交際相手小松ではなく、小松の兄から殺害を指示された仲間の一人でした。

裁判はまだ最終結審していないようですが、小松自身は事件後に自殺しており、警察は小松自身の事件の関与を未だ認めていません。

この本を読んで、ストーカー行為の末に殺害されてしまったという事件の悲惨さと共に、日本の警察の独善性に怒りを通り越して恐怖すら感じました。
もちろんすべての警察組織、警察官が本書に出てくるような人たちだとは思いたくないし、事件から10年以上も経った今、改善されていると思いたい。しかし、警察組織を外部から監視する組織が必要なのではないでしょうか。

サスペンス小説のように、胸のすくようなエンディングはありません。
しかし、読後これが現実の重さなのだと感じました。

恋愛  ★
スリル ★★★★★
感動  ★★
総合  ★★★★★

スポンサーサイト
THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

読書記録


備忘録代わりの読書記録。10/12/13更新!

No.

 年月

タイトル

 著者

文庫/単行本

備考

5210.10誰かSomebody宮部みゆき文庫再読
5110.09REVERSE石田衣良文庫 
5010.09阪急電車有川浩文庫 
4910.09風が強く吹いている三浦しをん文庫 
4810.08果つる底なき池井戸潤文庫 
4710.08看守眼横山秀夫文庫 
4610.08最も遠い銀河(1)~(4)白川道文庫 
4510.07天下城(上)(下)佐々木譲文庫 
4410.07永遠の0百田尚樹文庫 
4310.07悪意東野圭吾文庫 
4210.06ジョーカー・ゲーム柳広司単行本 
4110.051Q84 BOOK3村上春樹単行本 
4010.05空飛ぶタイヤ(上)(下)池井戸潤文庫 
3910.05真夜中の男結城昌治文庫 
3810.04盗作飯田譲治・梓河人文庫 
3710.04遺言 桶川ストーカー殺人事件の深層清水潔文庫 
3610.04ふたたびの恋野沢尚文庫 
3510.04うつくしい子ども石田衣良文庫 

34

10.03

花の降る午後宮本輝

文庫

 再読

33

10.03

骸骨ビルの庭宮本輝

単行本

 

32

10.02

動機横山秀夫

文庫

 

31

10.02

赤い指東野圭吾

文庫

 

30

10.02

弁護側の証人小泉喜美子

文庫

 

29

10.02

天使のナイフ薬丸岳

文庫

 

28

10.02

江上剛

文庫

 

27

10.02

隠蔽捜査

今野敏

文庫

 

26

10.01

小説ザ・ゼネコン

高杉良

文庫

 

25

10.01

変身

東野圭吾

文庫

 

24

09.12

錦繡宮本輝

文庫

 

23

09.12

フェイク楡周平

文庫

再読

22

09.12

枕女優新堂冬樹

単行本

再読

21

09.12

ホームレス中学生田村裕

単行本

 

20

09.12

火車宮部みゆき

文庫

再読

19

09.11

半島を出よ(上)(下)村上龍

文庫

 

18

09.11

どちらかが彼女を殺した東野圭吾

文庫

 

17

09.11

白い野望門田泰明

文庫

再読

16

09.11

「本当の学力」は作文で劇的に伸びる芦永奈雄

単行本

再読

15

09.10

もしも、私があなただったら白石一文

文庫

再読

14

09.10

真夏の島に咲く花は垣根涼介

単行本

 

13

09.10

眠りの森東野圭吾

文庫

 

12

09.10

心に龍をちりばめて白石一文

単行本

 

11

09.09

吐きたいほど愛してる新堂冬樹

文庫

 

10

09.09

犯人に告ぐ(上)(下)雫井脩介

文庫

 

9

09.09

今夜は眠らない宮部みゆき

文庫

 

8

09.08

闇の貴族新堂冬樹

文庫

再読

7

09.08

官僚たちの夏城山三郎

文庫

 

6

09.08

氷の華天野節子

文庫

再読

5

09.07

笑う警官佐々木譲

文庫

再読

4

 09.07

アヒルと鴨のコインロッカー伊坂幸太郎

文庫

再読

3

 09.07

水曜の朝、午前3時蓮見圭一

文庫

再読

2

 09.07

1Q84(上)(下)村上春樹

単行本

 

1

09.07

Sixtynine村上龍

文庫

再読

直木賞

こんにちは

今年の直木賞、佐々木譲白石一文が受賞しましたね。

まったく違ったタイプの小説を書かれるお二人ですが、

私はどちらの方の作品もとても好きなので、受賞はうれしいですね。

「おすすめ文庫小説」でも何作かご紹介しています。

特に白石一文さんは、私が全作品読み続けたいと思う数少ない

作家のひとりです。何かの作品の最後に、直筆で、

小説というものについて書かれている短い文章があったんですが、

まったくその通りだなぁ、と感激したのを思い出しました。

どの小説だったか思い出せなくて、文章もあいまいなのでここには

書きませんが。

 

お二人の受賞作、まだ読んでないので読むのが楽しみです。

THEME:小説 | GENRE:小説・文学 |

面白い小説、面白くない小説

小説を本屋さんで選ぶ時、そして選んだ小説を読み始めた時に、面白い小説に巡り合ったと思えるのはどんな時でしょう。

私の場合、はじめから好きな作家だとかその時の気分に合ってるとかいくつかのポイントはありますが、面白いと思える小説に共通していることがあります。

それは登場人物の顔や姿かっこうがイメージできるか、舞台となる空間がイメージできるかということ。

具体的な地名が出てきてそこが行ったことのある場所だったり、普段生活しているエリアが含まれていたりするとそれだけでうれしいものですが、行ったことのない場所でも文章内の描写がうまくて情景が頭に浮かんでくるとその世界に引き込まれます。
登場人物にしてもちょっとした人物描写がうまいものは主人公になりきれたり、惚れたりすることができます。

でも文庫で出版されている小説でも、中にはまったく人物や場所がイメージできないものもあります。
そんな小説はやっぱり頭に入ってこなくて面白いと感じることができませんね。
それから、たとえば高校生が(そういう必然性がないのに)やたらと大人が使うような言葉を使っていたり、口語では使わないような言葉がせりふに出てきたり、あるいはどの登場人物も同じような言い回しや語尾を使ったりと、作家の”癖”のようなものを感じて受け入れられないと感じた時点で最後まで読み通すのが苦痛になりますね。みなさんはいかがですか。

恋愛小説ランキング ベスト5

今までに読んだ「恋愛小説」のランキング ベスト5です。
思い出したり、新しいものが増えたりするごとに更新!

 1位

 ノルウェイの森

村上春樹

当たり前過ぎですがやっぱり今のところ不動の1位です。

 2位

 水曜の朝 午前三時

 蓮見圭一

 文章がとてもいいです。静かで激しい恋愛小説。

 3位

 私という運命について

白石一文

恋愛小説というくくりは微妙ですが、ラストを考えると深い恋愛小説かな。

 4位

 ツ、イ、ラ、ク

 姫野カオルコ

 教師と女子生徒の禁断の愛。

 5位

 花の降る午後

 宮本輝

 神戸を舞台にした未亡人の女性と年下の作家の男性の恋。
  

すべてブログの中で紹介していく予定です。

ミステリー・ハードボイルド・サスペンス ベストランキング

ミステリー・ハードボイルド・サスペンスあたりって定義付けがあいまいというか特にないような。
というよりも、こういった定義・ジャンルに分けるということ自体ナンセンスなんですかね。
といいながら、おそらくこのジャンルに含まれると思われる作品の勝手なランキングです。
例によって、随時更新していきます。

 1位

ワイルド・ソウル

垣根涼介

この作家の作品は取材が徹底しているんでしょうか。とても引き込まれます。男性向けかも。

 2位

闇の貴族

新堂冬樹

 暴力団、政治家、企業のっとりなど日本の裏社会を描くバイオレンスな作品。もうすぐ記事書きます。

 3位

白夜行

東野圭吾

ハードボイルドでありながら恋愛小説でもある。東野圭吾の作品でも指折り。

 4位

ハゲタカ

真山仁

 ゴールデンイーグルと呼ばれ、企業買収を行う投資ファンドの社長の物語。

 5位

警官の血

佐々木譲

 祖父・父・息子と3代にわたる警察官の物語。警察社会を描いた秀作。

こうして改めて並べてみると、どの主人公も不幸な出生、幼少期というのがこのジャンルの共通テーマですねぇ。まぁたらちゃんが大きくなって企業買収ってピンとこないですもんね。

小説の選び方

なぜ小説を読むのか。
好きだから、と言ってしまえばそれまでなんだけど、読む人それぞれにちょっとした自分なりの位置づけがあるんじゃないですかね。

私の場合は、好きだからというのもそうだけど、仕事なんかの現実的なことから逃避して何かにのめりこむ時間がほしいという言い方が近いような気がします。

そもそも小説を読み始めたのは、大学生の頃に友達にもらった「ノルウェイの森」村上春樹、の世界にすっかりはまって以来です。
それから数年は村上春樹の作品をすべて、何度も読み漁ってたんですが、そんなに毎年新作が発表される作家でもないので、何年間か読まない時期があって、ここ数年、逃避したい通勤時間ができたので、いろんな作家の小説を読み漁るようになりましたね。

どうやって小説を選ぶか。ネットで趣味の合う人の読書感想のサイトを見つけるか、趣味の合う店員さんがいると思われる本屋さんを見つけるかですね。最近は、ジュンク堂、BOOK1st、最寄り駅の本屋さんを数軒はしごして、平積みしている本をいくつか手に取ってそのときの気分にあったものを見つけています。
それとは別に好きな作家の新作が出れば、新書でも買いますね。ほぼ新書でも買う作家は、宮本輝、村上春樹、白石一文、東野圭吾くらい。そんなに多くはないですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。