プロフィール

kumago

  • Author:kumago
  • 関西在住会社員。読書はもっぱら電車の中。熱中のあまり乗り過ごすこともしばしば。でもそんな小説に出会えたときは最高!
    *各記事のアイコンはAmazonのサイトにリンクしていています。
    Amazonの記事にも作品のあらすじや読んだ方の感想がありますので、ぜひそちらも参考に。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水のかたち(上)(下) 宮本輝


東京の下町に夫と二人の息子と一人の娘と暮らす能勢志乃子は50歳になり、平凡でありながらも幸せに暮らしている。
志乃子は近所の喫茶店で10年ほど前まで骨董品を売っていた「かささぎ堂」が店を畳むと聞いて、その店で見かけて心を引かれた文机と手文庫そして茶碗をただで譲り受け、その後その茶碗が実はとても値打ちのものであることがわかる。
その時から、志乃子の人生が大きく動き始める。

志乃子一家が暮らすビルの1階の店子の不動産屋の社長財津と社員の早苗、母娘ふたりで暮らす志乃子の母と姉の美乃、志乃子の友達でジャズシンガーの沙知代、父の友人で骨董に詳しい三好、三好の友人で実業家の井澤などそれぞれ経験や考え方は違えども、心根のきれいな人々との交流を通して、自分の人生をゆっくりひとつずつ前に進んでいくさまが美しい文章で描かれる。

文庫上下巻でボリュームがありますが、後半は一気に読んでしまいました。
主人公が50歳の女性であり、登場する人物の大半も主人公と同年代か年長の人なので、全体としてしっかりと落ち着いた雰囲気のある作品です。

宮本輝の作品を読むといつも感じますが、人はどのように考え、感じて行動するか、この繰り返しによって自然と付き合うことになる人達が決まってくるのだと思います。この作品でも(たしか)いちどだけ「心根」ということばが出てきますが、よいことばですね。

恋愛  ★★★
スリル  ★★★★
感動  ★★★★
総合  ★★★★★

スポンサーサイト

パン屋再襲撃 村上春樹


前の投稿からずいぶん時間が経ちました。
振り返ってみるとこれまでに読んだ好きな作品で、手元に単行本か文庫本が残っている作品だけでも、このブログにあげてないものが30冊以上もあることに気づきました。
またぽつぽつと気が向いたらアップしていきますね。

1986年に単行本として発表された村上春樹初期の短編集です。
「パン屋再襲撃」「象の消滅」「ファミリー・アフェア」「双子と沈んだ大陸」「ローマ帝国の崩壊・1881年のインディアン蜂起・ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界」「ねじまき鳥と火曜日の女たち」の6編です。

「パン屋再襲撃」
僕と妻は新婚したばかりのある夜、そろって午前2時前に空腹で目覚める。冷蔵庫の中にあったビールと台所で見つけたわずかばかりのクッキーを食べるが空腹は満たされない。
その時、僕は独身の頃、友人と同じような空腹な日にパン屋を襲ってパンを手に入れた話を妻にする。
すると妻は、今夜のこの空腹はその時の呪いなので、今すぐパン屋を再び襲って呪いを解かないといけないと言い出す。

村上春樹の短編らしいとても不思議な世界観です。おもしろいけどもどこかせつない、そんな気持ちになって心地よいです。

「象の消滅」
僕が住む町の郊外の元小学校体育館で、町が閉鎖した動物園から引き取って飼っていた年老いた象が、飼育係と共にある日突然消えてしまった。その象にひときわ関心を持っていた僕は、象の消滅から1年後、ある仕事関係のパーティーで知り合った女性に象の消滅について誰にも話さなかったちょっと不思議な話を語る。

「ファミリー・アフェア」
僕と妹は東京のアパートで、お互い干渉せずに楽しく暮らしていた。でもその妹にコンピューターエンジニアの彼ができると、少しずつ変わっていく。僕は妹に言わせると偏狭で傲慢で、どうしてもその彼のことが好きになれなかった。

この短編集の中では、個人的にいちばん好きな作品ですね。
登場人物それぞれの個性が簡潔に描かれていて、僕と妹の会話がとても楽しいです。まるで舞台を見ているような楽しさがあります。


「双子と沈んだ大陸」
僕は喫茶店でたまたま手に取った雑誌に半年ほど前まで一緒に住んでいた双子の女の子が写ったディスコの写真を目にする。相棒と小さな翻訳事務所をやっている僕はその写真をきっかけにいろいろなことをひとり考える。

この短編の僕と双子の女の子は「1973年のピンボール」に登場する人物たちです。単純な「彼女」ではなく奇妙な双子(突然現れて、突然理由も言わず去って行った)であるところにものがたりとしての面白さがあると思いますが、個人的に「喪失感」という気持ちを考えさせられる作品です。

「ローマ帝国の崩壊・1881年のインディアン蜂起・ヒットラーのポーラ
ンド侵入・そして強風世界」
僕のある日曜の午後のおはなしです。
4つの「見出し」は何れも比喩的な意味で使われ、たとえばはじめの「ローマ帝国の崩壊」はローマ帝国のように平和な日曜の午後が不吉な強風と共になにかがおかしくなっていく始まりを示しているように思えます。奇妙な短編です。

「ねじまき鳥と火曜日の女たち」
失業中の僕がひとり自宅でスパゲティをゆでていると「十分間だけ時間がほしいの」という知らない女性から電話がかかってくる。女性は自分のことを知っているようである。
不審な電話が切れると今度は仕事中の妻から電話があり、飼っている猫が数日行方不明なので、近所の『路地』に探しに行ってほしいと告げる。その路地に行くと平日の午後に自宅の庭で日光浴をしている15か16才くらいの女の子と出会う。

のちの長編「ねじまき鳥クロニクル」の元になった作品です。
この短編集はどの作品も「僕」と「僕」を取り巻く奇妙な女たちの物語といえると思います。
その会話や関係性の中で「僕」の内面を表現しているように思います。
この短編集は男性と女性でまったく読み方が変わる作品かもしれませんね。

恋愛  ★★★
スリル ★★★
感動  ★★★
総合  ★★★★★

焚火の終わり(上)(下) 宮本輝

町田茂樹が大阪から父に連れられて、島根県の岬の家を初めて訪れたのは10歳の時であった。岬の家には3歳の須川美花と美花の祖母と母が住んでいた。
茂樹が15歳の歳、3度目にこんどは一人で岬の家を訪れる数日前に父は茂樹に、美花が茂樹の妹であることを告げる。

時が流れ、美花の母、茂樹の両親そして美花の祖母も亡くなり、社会人となった茂樹と美花は仲の良い兄妹として交流を深めていく。
そんなある日、茂樹は母の遺品から、「どうか、お許しください。」と男文字で書かれた差出人名のない手紙と「許すという刑罰」と書かれた母のノートを見つける。
そのことを茂樹から聞かされた美花は、茂樹に一枚の写真を見せる。
その写真には茂樹の両親、美花の両親、そして赤ん坊の美花を抱いた長身の男が顔が切り取られて映っていた。

自分たちは本当に兄妹なのか、互いに心の疼きを感じ続けてきた茂樹と美花は、当時の両親たちを知っていると思われるある年配の男を見つけ出し、自分たちの出生に隠された真実を探し始める。

異母兄妹として育てられたふたりが様々な人生の苦を乗り越えて生きていく。そして兄妹であるならば許されない感情を次第に抑えきれなくなり、ふたりで支えあって暮らす人生を築いていく物語です。

ふたりが悩み苦しみながらも、自分たちの人生にとって何を信じ何を誇りとし、そして何を喜びとして生きていくのか、特殊な物語設定の中に普遍的なテーマが盛り込まれ考えさせられる作品だと思います。
この作品も宮本輝さんの文章はやはりすばらしいです。

恋愛  ★★★★★
スリル ★★★★
感動  ★★★★★
総合  ★★★★★

幻影の星 白石一文


ワインメーカーの東京本社に勤める熊沢武夫は6月の朝、地元長崎県諫早に住む母からの電話で起こされる。
母の電話は武夫のバーバリーのレインコートが近所のバス停に置き忘れられていたという内容だった。レインコートには武夫の名前が刺繍されているという。
そのコートは確かに武夫のものに違いないが、この部屋のクローゼットに掛かっているので、諫早にあるはずがない。
後日母から送られてきたコートは多少使い古されているという以外は、手元のコートとまったく同一のものであり、そのポケットには「一か月以上先に発売される予定の」m&mの新作チョコレートとデジカメのSDカードが入っていた。壊れていたSDカードを修理に出し、修復されたSDカードを確認すると撮影した記憶のない写真が数枚含まれていた。

一方、諫早で昼はOL、夜はお店に勤める滝井るり子は、常連のお客さんから携帯を届けられる。河原に落ちていたという携帯はたしかに自分のものだが、その携帯は手元にある。

東日本大震災後を舞台にふたりの身に起こる不思議な出来事を通し、またふたりの思考を通して、現代の日本における「時間」や「死」という抽象的な事柄が考察されます。

1章から始まり0章で完結する構成に、誰しもが生まれてから死ぬまで淡々と毎日を一方向に生きると考えるとつまらないし、経験や思い出という過去、夢や希望という未来をいつも意識して生きるともっと人生を楽しめるんじゃないかと感じました。

恋愛  ★★★★
スリル ★★★
感動  ★★★★★
総合  ★★★★

植物図鑑 有川浩

マンションに一人暮らしのOL河野さやかがイツキに出会ったのは、休日前夜の終電ギリギリの呑み会帰り。
ほろ酔いでマンションの前まで帰ってきたさやかが眼にしたのは、玄関先に倒れているリュックを背負った男だった。
いい男だったことも作用して無一文で空腹でもう動けないという男を家にあげてしまう。
カップラーメンを掻きこんで生き返った男はイツキとだけ名乗るが素性はまったく不明なまま。
そのまま泊めることになったが、何事もなく、さやかが翌朝目覚めるとイツキはありあわせの材料で見事な朝食を作っていた。
朝食の後、別れづらくなったさやかは行くところがないなら一緒に暮らさないかと提案する。

こうして始まった共同生活だが、イツキは道端や河原に生えている野草に詳しく、終末の度にさやかを連れ出しては、さまざまな野草を採って帰り、その野草を使った絶品料理の数々を作り出す。
すっかりイツキのペースにはまったさやかは自分で植物図鑑を買い込むまでになる。

「阪急電車」の有川浩の作品ですが、いろんな食べられる野草が章毎に登場します。それぞれの野草がイツキによる詳しく解説され調理されます。物語の3分の2くらいはその繰り返しで進行するのですが、一見単純な流れのようで、二人の会話が面白く、次第にイツキに強く惹かれていくさやかの心も伝わってきて「恋」を感じます。

物語の後半はここには書かずにおきましょう。
異色な作品だとは思いますが、女性にはとても共感される作品ではないかと思います。

単行本のみ

恋愛  ★★★★★
スリル ★
感動  ★★★★
総合  ★★★★


THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

カンガルー日和 村上春樹

村上春樹の1983年に出版された短篇集です。

もうなんども読んでいる本なのですが、ふと「チーズ・ケーキのような形をした僕の貧乏」という作品が読みたくなり、書棚の奥から引っ張ってきました。

文庫にして各10ページほどの短篇が18作品収められています。
それぞれのタイトルもユニークで、目次を眺めているだけでも楽しくなってきます。

特に私が好きな作品をいくつかピックアップします。

【4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて】
32歳の「僕」は4月のある晴れた朝に、原宿の裏通りで100パーセントの女の子とすれ違う。といっても彼女はたいして綺麗でもないし、素敵な服を着ているわけでもない。
しかし、僕には彼女が僕にとって100パーセントの女の子だということが50メートルも先からちゃんとわかっていた。
しかし僕と彼女はただすれ違い、2度と会うことはない。
でも、今ではどのように話しかければよかったか、ちゃんとわかっている。それは「昔々」で始まり、「悲しい話だと思いませんか」で終わる。

【駄目になった王国】
大学時代に友人であったQ氏と僕は30歳を少し過ぎたころ、偶然都内のホテルのプールサイドで再会する。といっても僕が一方的に気づいただけで、Q氏は気づいていない。
大学時代のQ氏は、ハンサムで頭が良くスポーツができ、上手いピアノを弾き、小説を読み、綺麗な彼女がいた、とまぁ完璧な男だった。
プールサイドで小説を読んでいた僕の隣でQ氏はビキニを着た脚の長い女の子と話していた、というよりも何かを説得していた。
Q氏と女の子は、テレビのディレクターとタレントであり、あるいはそれ以上の関係があるようだった。
結局女の子は、Q氏が買ってきたジュースをQ氏に浴びせかけて立ち去る。そしてそのジュースの一部が僕に掛かる。
Q氏はしばらく呆然とした後、僕に誤り本を弁償させてほしいと申し出る。しかし最後まで僕のことを思い出さなかった。

それぞれは他愛のない短いお話ですが、(時には理解できない)ユーモアと哀愁がただようお話しが多いですね。

私としては、中学生や高校生のみなさんに読んでほしい本です。

恋愛  ★★★★
スリル ★
感動  ★★
総合  ★★★★★


THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

シューカツ! 石田衣良

東京の鷲田大学3年の水越千晴は、就職活動「シューカツ」をスタートさせる春を迎えた。千晴は同じ鷲田大学3年で最難関のマスコミへの就職を目指す富塚圭、佐々木恵理子、菊田義弘、犬山伸子、倉本比呂氏、小柳真一郎らと共に情報交換やグループディスカッションなどのリハーサルを行う「シューカツプロジェクトチーム」を結成し全員志望企業内定を目指す。

レストランでのアルバイトで働くことの意味を考え、テレビ局でのインターンを経験し、自らを売り込む「エントリーシート」に悩み、最終的に志望を大手出版社3社、放送局2社に絞り込んだ千晴は、仲間と共にシューカツの荒波にもまれていく。

短期間に様々な経験をしシューカツを通して人間として成長する。
そして、シューカツの結果は...

千晴の七転八倒のシューカツを通して、現代のシューカツの流れが理解できますね。
ニュースなどで見るシューカツはこの作品の登場人物のシューカツよりも何倍も大変なんだろうと想像してぞっとします。

文章が巧みで、いつの間にか思わず千晴を心の中で応援してしまいます。

恋愛  ★★★★
スリル ★★★★★
感動  ★★★★★
総合  ★★★★★


THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

三十光年の星たち 宮本輝

京都の小路(こうじ)の平屋に住む坪木仁志(ひとし)は30歳の今まで職を転々とし、いま現在は彼女が作った革製品を販売するというビジネスを始めたのだが、早々に行き詰まり彼女にも逃げられるという有様だった。
逃げた彼女のために、並びの平屋に住む佐伯平蔵という老人から80万円を借りていた無職の仁志は、期日までに返せる見込みがなくなり、仕方なく手持ちの車を売って借金の一部を返そうと平蔵に直談判に行く。

すると、平蔵はその車を使って自分の運転手になることで、日当を借金から差し引くと話す。
平蔵はこれまで何人もの志を持った女性が商売を始める際に無利子無担保で金を貸してきたのだった。

車の運転手として平蔵が金を貸した女性たちに会いに行く旅に同行することになった仁志は次第に平蔵に心を開き、平蔵も仁志を信頼する。
その旅はまた、仁志が自分の考え方や人生に足りないものを見つめる長い旅の始まりとなる。

この物語には、仁志と平蔵のほかにかつて平蔵が融資した女性の息子で美術骨董の店に勤めるトラちゃん、同じく平蔵が融資しレストラン経営で成功した月子さんなど、人間味の深い人物がたくさん登場します。

美しい京都を舞台に、人が人として人と交わることの美しさや、人生に起こるいくつもの善いこと悪いことにどのように立ち向かうべきか、そこから何を得るのかについて考えさせられる作品だと思います。

思わず登場人物に感情移入してしまい、その登場人物が感じているであろう気持ちに寄り添いせつなくなる場面もあります。

個人的には数ある宮本輝の名作のなかでも最高傑作のひとつだと思います。

(単行本のみ)

恋愛  ★★★★★
スリル ★★★
感動  ★★★★★
総合  ★★★★★


THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

ホームレス中学生 田村裕

社会現象にもなった、吉本興業の漫才コンビ麒麟の田村裕の自伝小説です。

1979年生まれの筆者の中学2年生以降の体験談なので、1993年頃ですね。
大阪府吹田市で父・兄・姉と普通に暮らしていた彼が終業式の日、家に帰ってみると、家が借金のかたに差し押さえられており、呆然とする3兄弟に現れた父が家族解散を宣言する、というなんとも馬鹿げていてしかし事実というとんでもない体験談から始まり、吉本興業の芸人になるまでの道のりをたどっています。

文章は決してうまくはないですが、周りの人、特に病気で亡くなったお母さんへの愛情は万人共通でじんときます。

余談ですが、今私が住んでいるのがまったくこの「まきふん公園」の近くでして、リアルに登場する場所がわかって面白いです。私の息子はまきふん公園の隣の幼稚園に通っています。今は「まきまき公園」が通称ですね。タコ公園や図書館、スーパーなども全部わかってしまいます。
この本がベストセラーになった当時は、公園の周囲はテレビ番組が来たりして大騒ぎでした。 

恋愛  ★★
スリル ★★★
感動  ★★★
総合  ★★★

THEME:本の紹介 | GENRE:小説・文学 |

40-翼ふたたび 石田衣良

 


タイトルの40とは、40歳の意味で、主人公の吉松喜一は正に40歳。人生の前半が終わってしまったという喪失感とここから先が見えない不安の中、フリーとなり、なんでもプロデュースしますというWEBサイトを立ち上げる。
しかしそのサイトに集まってくるのは変なお客さんばかり。

1話1章で完結の短編の連作といった構成で、私はどちらかというと上下巻のような読み応えのある長編が好きなので、短編はいつも物足りないのですが、この40は後半の数章でそれまでの登場人物が総登場し見事にクライマックスになだれ込むという感じの構成で、やられたなぁという読後感でした。

10代、20代の人には共感は難しいかもしれませんが、30代以上の人にはお勧めの作品ですよ。

恋愛  ★★★
スリル ★★★
感動  ★★★★★
総合  ★★★★★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。